「痩せる」・「太る」どっちがムズカシイ?〜筋肉は1年で◯kg増える?〜

夏本番のような暑さが続いてますが、

みなさま体調は崩されていないでしょうか?

前回のブログで、

体脂肪を1kg落とす為には、7200kcalを

食事の制限、もしくは運動で消費する必要があると書きました。

非常に大変だと感じた方も多いのではないでしょうか?

そして、今回は
「痩せる」の反対
「太る」
について書いてみたいと思います。


世の中には、痩せたいと思っている方がいる一方で

「太りたい!」と思っている方も多くいます。

はじめに、誤解されないよう説明させていただくと

今回の「太る」という意味は、
ただ体脂肪を増やしてぷくぷく太るということではなくて
しっかりと筋肉をつけて身体を大きくするという意味で
「太る」=「筋肉量が増える」と思って頂きたく思います。

実際に、当ジムでも

「なかなか身体が大きくならない」

「食べても体重が増えない」

など、よく耳にします。

なぜか…

それは筋肉はなかなか増えないからです。

脂肪で体重を増やすのは簡単です。

しかし、

筋肉で身体を大きくする、筋量を増やすというのは
非常に難しいのです。

実は、

筋肉は1年間で

約3~5kg

くらいしか増えないと言われています。

もちろんトレーニング方法や頻度、個人差などで違いがありますが。

なので、

意外に筋肉で体重を増やす、身体を大きくすることは難しいのです。

ここで、今回のブログのお題に戻ってみます。

「痩せる」と「太る」どっちがむずかしい?

皆様はどう思いますか?

トレーニングを長く続けている人が良く口にします。

「痩せるのより、太る方が難しい」

女性が聞いたら、反発すると思いますが

こういった背景を踏まえた言葉だったのかもしれません。

筋肉を増やしたいと思っている方は、
体重に惑わされず、
日々のトレーニングを積み重ね、

適切な食事を継続していくが大切なのです!





0コメント

  • 1000 / 1000